実績紹介-projects-
働くことのそうだんじょ

大阪府若者サポートステーション

http://osapo.jp/

テーマ:若者就労支援
クライアント:厚生労働省

Detail

働くことのそうだんじょ

main_jisedai

スマイルスタイルは、厚生労働省からの委託を受け、「大阪府若者サポートステーション」を運営しています。15~39歳までの仕事に就いておらず、家事も通学もしていない若者のうち、就職に向けた取組みへの意欲が認められ、ハローワークにおいても就職を目標にし得ると判断した若者及びその家族を対象に、キャリアカウンセラー等による相談支援を実施。その後、支援対象者の希望や状況に合わせて、担当カウンセラーやチャレンジ体験コーディネーターが講座の受講や仕事体験などのサポートを行います。

大阪府若者サポートステーションのwebサイトに辿り着くユーザーは、8〜9割以上が「サポステ」「サポートステーション」と検索してサイトに訪問しています。サポステの名前・存在を認識した後に訪問していることから、何らかの支援を必要としていることが予測されますが、実際のサポステへの問い合わせ件数とサイトのアクセス数には大きな乖離が存在していました。webサイトに辿り着くも、問い合わせには至っていない層に対して提供すべき情報として、「基本的な利用案内」「サポステで起こっている価値」「スタッフや関わっている方々の姿勢や想い」に重点を置き、「温度」をコンセプトにリブランディングを実施しました。サポステが「安心・安全な場所であること」「自分自身を否定される場所ではないこと」をスタッフ自身の言葉やデザインで表現することを心がけました。

背景

人口減少に伴い、若者の数も著しく減少する中、若年無業者(15~34歳で、就労しておらず、家事も通学もしていない者)の数は約60万人と高止まりしています。そこで、社会人基礎力の養成や、職場体験の機会の創出など、若年無業者等の就労を支援するための機関として、地域若者サポートステーション事業を厚生労働省より受託。関係機関との連携や、支援対象者との信頼関係のもと、職業的自立の実現に向けたサポートを継続的に実施することで、若者の可能性を広げていきます。経済的自立をする若者が増加すれば、将来生活保護に陥るリスクも未然に防止することができ、国としての経済成長につながります。
活動一覧へ
ページのトップへ