実績紹介-projects-
企業ブランディング

200万回の選択。

http://npochubu.com/

テーマ:若者が働き・働き続けるための職場環境づくり、社内における理念浸透、採用戦略、業界への若手参入促進、若者就労支援
クライアント:NPO法人ちゅうぶ(旧:NPO法人中部障害者解放センター)

Detail

障がい者の「自立」のカタチを社員全員で見直した、
コーポレートブランド。

main_cha

障害のある方が地域で自立して生活できるよう、相談支援や訪問介護などさまざまなサービスを提供しているNPO法人ちゅうぶ(旧:NPO法人中部障害者解放センター)様。法人設立30年を迎える節目として、新たなコーポレートブランド企画を実施。企画・プランニング、ブランド戦略立案と実施、社名変更、ツール制作(スローガン・ロゴ・名刺・パンフレット・封筒・webサイト・SNS)のお手伝いをさせていただきました。

約30年の歴史を持ち、実現したい社会に向け行動を起こしてきたちゅうぶ。「ちゅうぶがずっと大切にしてきたもの何なのか?」「これから実現していきたい社会はどんな社会なのか?」若手スタッフから理事までが集まり、これまで各々に考えてきたちゅうぶの目指すべき「自立」の形について、法人全体で見直し、理念として何をかかげるかを検討していきました。

社名:「NPO 法人中部障害者解放センター」から、「NPO 法人ちゅうぶ」へ。

約30年前、障がい者差別が激しかった時代にかかげられた社名「NPO法人中部障害者解放センター」。若い人材獲得のため、より障がい者に対して理解のある社会の現状を反映し、今の時代の若者に受け入れやすい名前へ社名変更を提案。30年の歴史を共に歩んだ愛称から「NPO法人ちゅうぶ」へと変更した。

スローガン:200万回の選択。

ちゅうぶの考える自立は“障害があっても、人のちからを借りて自己選択・自己決定すること”。一生涯でおよそ200万回の選択と決定を繰り返す健常者と同じように、生活の中で制限がかけられる障害者でも「200万回の選択。」 が実現できる社会づくりを目指す。

ロゴマーク:螺旋のように継続的に続く、社会をプラスに変える活動のかたち

誰もが自己選択・自己決定して生きていくための活動は、これから先の明るい未来へとつながる。ロゴマークはそんな継続的活動を表す螺旋と、新法人名「ちゅうぶ」の頭文字「ち」を重ねあわせた。ちゅうぶの活動が社会に+(プラス)となり、「200万回の選択。」 が実現される社会になるように想いが込められている。

活動一覧へ
ページのトップへ