新着情報-news-


住宅つき就労支援プロジェクト 2期生募集!

2017/08/03

【住宅の支援、就職の支援、ふたつを必要としている方、その方の周りにいらっしゃる方へ】

安心できる家と仕事で、自立の一歩を踏み出したい。
そんな若者のみなさんをサポートする、住宅つき就職支援プロジェクト「MODEL HOUSE」。
大阪府、日本財団、ハローライフのコラボレーションにより、
就職・住宅(大阪府四條畷市 清滝住宅)・コミュニティの3つの支援プログラムで、
若者の人生を応援しています。

プロジェクトスタートから約3ヶ月が経過し、
MODEL HOUSEで暮らす若者たちは、徐々に新しい生活に慣れてきました。
ときには地域の清掃活動や盆踊りに参加したり、コミュニティスペースで一緒にごはんを食べたりと、
これまでとは違った生活を楽しんでいます。

そしてこの度、MODEL HOUSEのプロジェクトメンバー2期生を募集することとなりました。
応募締切は8月20日(日)18:00です。
お近くに心当たりのある方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

住宅の支援、就職の支援、ふたつを必要としている方へ。
また、支援を必要としている方の周りにいらっしゃる方へ。この情報が届きますように。

▼プロジェクトの詳細・参加申込はこちら
https://jyutaku-model.com/

■プロジェクト説明会のご案内
プロジェクトのことをもっとよく知りたい方に向けて、説明会を開催します。
日 程:8月17日(木) 13:00〜15:00
場 所:清滝住宅(Googleマップ
話を聞くだけの参加も大丈夫です^^ぜひお気軽にご参加ください♪
個別相談も行っております。
参加申込はサイト内フォームもしくは、06-6147-3286(ハローライフ内)までお電話ください!

■ytv ten にて15分の特集を組んで頂きました。
8月3日(木)特集ニュース「モクゲキ!団地が舞台の就職支援プロジェクト!若者×高齢者で変化が」
http://www.ytv.co.jp/ten/sp/

 

【 プロジェクト背景 】

大阪府の若者の概ね4人に1人にあたる約37万人が非正規雇用であり、
その平均年収が正社員の約3分の1であること。
ワーキングプア状態に陥り、仕事も住まいも失ってしまう若者がいること。
収入格差の拡大により生涯未婚率が上昇し、家族の在り方が変化してきたこと。

わたしたちは日々変化する社会と、仕事の相談に訪れる若者と向き合う中で、
今の社会に合わせたあらゆる支援のカタチが必要だと考えています。

MODEL HOUSEは、あらゆるセクターが一体となり、
時代の変化に合った新しい人生モデルを作り上げていく試みです。
それは、単身の若者や中高年層の入居が一般的でないとされてきた公営住宅の新たな活用モデルでもあり、
収入をあげるだけでなく生活コストを下げ生活の安定を図る、新たな「生き方・暮らし方」でもあります。

今回、10部屋からスタートするこの若者就職支援モデル・公営住宅活用モデルが広く汎用され、
支援を必要とするあらゆる人に行き届くことで、誰もが仕事・住まいに安心でき、
しあわせに生きることが出来る社会を作り上げていきたいと思います。

新着一覧へ
ページのトップへ